彼女の生きる道~その後~ 

吾郎さんに再び 前以上に オチる日(3)~舞台挨拶など~

映画の舞台挨拶というものにも初めて行った。
「笑の大学」。 三谷幸喜さんの作品で、役所宏司さんと吾郎さんのほぼ二人芝居のようなものだった。
このチケットはどうやって取ったのかは覚えていないが、これまた近くで見れて やっほぃ なイベントだった。

そして次の新たな出会いは「ワンピース」。あのワンピース。 ワンピースはそれまで見たこと等一度もない。
アニメを映画で観る事も、ほとんどない。
そして その舞台挨拶には行く気持ちは全くなかった。、というかチケットを取るには徹夜必須だったのかもしれず、本来なら一緒に徹夜するその友人は、その日 夜行バスで一人で旅行に出る予定があったため、並べない⇒じゃ、私も諦める。ということになっていたが、たまたま その日の夕方、チケットが発売される渋谷で食事をしていたため、その話になり、売り場まで見に行くだけ行ってみる?ということで、売り場まで行ってみたのが第二の出会いの始まり。

夜8時頃・・・既に列が出来ていた。女性ばかり。寒い日なのに。吾郎さんファンに違いない。並んでいたのは5~6人のグループ。私もだんだん並びたい気持ちになる。でも格好も用意もない。(ひざかけとか、防寒着っぽいのとか)
「この後の予定がなければ絶対並ぶ」とその友人。 でも、一人だし、どうのこうの、モジモジ(←いい年して)。
そこでそのグループに色々話しかける。吾郎さんですよねぇ、そうですよねぇ、、諸々。「私が並べないんで、彼女一人になるんです~」等々。
そしてやっぱりファンの絆??というべきなのか、一緒に並びましょう!と言って下さった。でも用意がないと話すと、家に取りに行ってくればいいですよ、お席は取っておきますから。と。
おぉ、なんて素晴らしい方々なのか。・・・そこでお言葉に甘え、自宅まで約1時間、ひざかけと厚着になるコートを持って、渋谷から往復。
渋谷に戻る頃には友人は旅立ってしまっていたが、そのグループの皆様は暖かく迎えて下さった。
夜は交代で買い出しに行った。(あぁ懐かしい・・・)
そして無事・・・舞台挨拶のチケットを入手。
迎えたその日の感激は ひとしお だった。

そこで出会った、お世話になった方が、 面倒見の良い方で、何故かその後色々お声をかけてくださるようになり・・・

[PR]
by cuao | 2014-09-07 23:58 | smako
<< 吾郎さんに再び 前以上に オチ... 吾郎さんに再び 前以上に オチ... >>


~生きるとは、未来の予定をこなすこと、と勝手に自分だけの解釈をしているアラフィフ女の日常・非日常・その他いろいろゆるゆる日記~
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
携帯からもご覧になれます
http://mblog.excite.co.jp/
user/cunlikeao/

****************
風景写真もゆるゆるに、。
Quatre saisons
****************
昔のblogはこちらに
彼女の生きる道
****************
管理人へのご連絡
****************
カテゴリ
以前の記事
タグ
(58)
(13)
(13)
(11)
(10)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
画像一覧