彼女の生きる道~その後~ 

粗宴

a0038827_22442874.jpg日本語って謙虚でいいな、と思う時はこんな時で、、英語で言うとcasual party,,buffet-style reception ,,とか、、? 今回は主催者側だったので、本日は粗宴を催した日。、と言うのも変な日本語だが...
基本的に会合は苦手だし、出席しないが今回は逃れられず、受付嬢となる。(お客様には申し訳なかったが。)それはそれでいいし、緑の日本庭園も美しかったし、お料理も思った以上においしかったのでそれはそれで気分転換になった。


a0038827_22444464.jpg、、が会場ではあまり食べられないので、もう1人の受付嬢の女の子と入り口の受付テーブルで、こっそりしっかり座って食べた。前菜を終わり、その後メインのローストビーフやら、チキンローストやら、普通に食べていたら、あるお客様が「あの、Sさんは?」、と訊かれてきたので思わず「どちららの?」と訊きかえした所、「S,Kさんです。」、と私のフルネームを。。。Sさんと言われても、自分の事とは思いもよらず、。「すいませーーん、、ワタクシです。、」と恐縮しながら立ち上がり、名刺交換。日頃からお名前は知っていたし、受付でも相手の方は確認したが、その時にご挨拶をするのもなんだかな、と思っていたので、あえてお話はしなかったのであった。、にしても、やっぱり恥ずかしかった。お相手方は3人もいらして、大変スミマセンスミマセンのひととき。




「粗宴」は滞りなく終わったのであるが、普段は招かれる側であるので最後まで居ることはないが、ショックだったのは、残ったお料理。
全部すごくおいしかったのですよ。しかもオーダーは残るのを見越してやや少なめだったにもかかわらず、美しい前菜や、デザートがどっさりと。これからもう1宴会できそうな位...
美味しいローストビーフは男性陣がステーキ並の厚さにして切ってもらったりしていたが、それでも余る。
場所が会社から近ければ、残っている人達全員を呼ぼうかとみんなで言った程。
私は、「大食いチャンピオン」の方々に来ていただきたいと本気で思った。
あぁ勿体無い勿体無い...普段は「ご飯少し残そう」とか、「あー、食べるの忘れてた」とかってそれ程の罪の意識もなく、食べ物を無駄にしているのだが、本日は心が痛かった。。
お客様に対して失礼が無い様に、食べたいと思ったらもう何もなかった、なんて事が無い様に、それはそれで大切な事なのだけど、
これって、今日だけじゃなく、いつでもどこでもビュッフェスタイルの時はこうなのか、、。
宴会に問わず、レストランでも。。
そう考えると日本中で(世界中で?)どれだけのものが無駄になっているのか。。。考えるだけでも非常に残念だ。
…と、また長くなってしまったのだが、今回はそんな事を考えながら帰って来た。。
日本は、、豊か過ぎます。。。
「粗宴」だなんて、絶対嘘だ...言葉としては美しい。
でも、本当の粗宴だなんて存在しない。、それは当たり前のことなのだけれど、今日の様に有り余るほどのご馳走がある会は粗宴じゃない。。
今でも納得いかないな、、でも終わった事は仕方がない。
これからはもっと食べ物を大切にしよう、、というこれまた当たり前のことしか出来そうにない自分は、とっても無力だな、、。と思いながら本日は終わりとさせて下さい...
[PR]
by cuao | 2006-05-23 23:25 | diary
<< お花 先週末は >>


~生きるとは、未来の予定をこなすこと、と勝手に自分だけの解釈をしているアラフィフ女の日常・非日常・その他いろいろゆるゆる日記~
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
携帯からもご覧になれます
http://mblog.excite.co.jp/
user/cunlikeao/

****************
風景写真もゆるゆるに、。
Quatre saisons
****************
昔のblogはこちらに
彼女の生きる道
****************
管理人へのご連絡
****************
カテゴリ
以前の記事
タグ
(58)
(13)
(13)
(11)
(10)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
画像一覧