彼女の生きる道~その後~ 

富良野&美瑛の旅

a0038827_20314930.jpg昨日からのネットの接続不良は、モデム内のデータが消えてしまっていたのが原因。出かける前のブレーカーオフがいけなかったのか謎。今朝無事復活・・・、
というわけで、明日から8月とは思えない程涼しかった7月最後の月曜日ですが、記憶が無くならない内に旅行の記録。。




a0038827_20351978.jpg行くのが決まったのが遅かったので、少々出遅れた感を持ちながらの強行突破。。

【1日目】
羽田(午後便)~旭川⇒バスで富良野迄。夕方着いてその日は終わり。
ホテルに着いたら、てるてるぼうずさんのお出迎え。"滞在中が良いお天気でありますように"とのご配慮。可愛いので連れて帰る。


a0038827_20392937.jpg【2日目:午前中】
~北の国からロケ地巡り...~
レンタカーを使わない旅だったのですべて公共機関。
8:40にホテルを出る、ふらのバスさんのミニツアー。

草太兄ちゃんの牧場を眺め、純と蛍の小学校跡地を眺め、中畑木材さんを眺め(名前は違うけれど実在する木材やさんで、現在も普通に営業中)、拾ってきた家と、富良野オルゴール(番組とは関係ない)と、五郎さんの石の家を訪れて終わる。(写真はクリックすると大きくなります。)

とても良いお天気。


a0038827_20591073.jpg【2日目:午後】
JRの季節列車、
富良野美瑛ノロッコ号に乗る。
ディーゼル車に牽かれ、のんびり走る。座席は木製でレトロ感。
遊園地の電車みたいで、ほんの少しだけ童心に戻る(かなり無理があるが。。。。)
ほぼ満席状態。。



a0038827_211311.jpgそして切符の"ラベンダー畑"駅で下車。今回一番行きたかった、トップの写真のファーム富田さんへ。


a0038827_21314895.jpgこの駅は、富田さんちへ行くための期間限定の臨時駅。駅舎はなく、ホームのみが作られていた駅。
トップの写真は"彩りの畑"。
以前に来た時は(と言っても10年は軽く過ぎている)、もっと狭くて、人も少なく、ショップも少なかった。


a0038827_20571340.jpgラベンダーソフトも当時はあったのか、なかったのか、、記憶がなく。(食べてないのは確かなので、なかったのかも)
そして、ここは、非常に来場者の多いところ(ラベンダー畑ではやっぱり1番みたいで)、思ったより、ゆっくりできず、。東京である、ちょっとしたイベント会場並。
更には、車で行くと、渋滞に巻き込まれます。。。
なので、他は車でもいいですが、ここに行くのは別予定にして、電車で行くのがお勧め、、(すっかりマニアになっている。。)


a0038827_21552371.jpgカットメロンは色んな所で売られており。夕張メロンは有名ですが、富良野メロンの方も負けてないと思いました。(比べて食べた事がないですが、、。十分好きになりました)

ここで1時間半程滞在した後で、もう一度ノロッコ号に乗り、美瑛に行く。
この日は、昼間は暑かったのですが、夕方迄には、すっかり涼しくなり、気持ちのいい日でした。

美瑛からは、JRの企画バス、ツインクル号で、写真家の前田真三氏のギャラリー拓真館と四季彩の丘へ。
前田真三さんと、聞いても、私は知らなかった。。。
でもバスの中でのガイドさんのお話によると、八王子市出身。45歳でお勤めしていた会社をやめて写真家になる。日本全国を車で周り、撮影の旅。途中、富良野~美瑛間で見た、丘の景色に魅せられ、美瑛に通いつめ、その風景を写真に収める。拓真館は、廃校になった小学校を譲り受けて、ギャラリーにしたと言う。
・・・その写真の数々は、、「あぁ、もう写真撮るのは止めようかな」と思わずにはいられない自分の能力とはかけ離れたもので(当たり前ですが)、どの1枚を見ても、美しい、、という表現以上の美しさ。
脳の刺激になりました。。。今後の為に、絵葉書(写真葉書?)を2セット購入。


a0038827_21223746.jpg写真は芸術とは180度反対のピンボケコロッケ写真。四季彩の丘。
後ろのキャラクターは、ロール君、だったかな、、、。早くも忘れてしまった。
畑でよく見かける藁ロールです。
ここのコロッケがおいしいですよ、とこれまたガイドさんのお話により、素直に購入。
馴染みのある"男爵"と、知らなかった"北あかり"の2種類。北あかりは、やさしい甘さ、男爵はご存知の通りの、こってり感。(両方食べたのばれました)

昨日の"とりあえず一枚。"は、ここで撮った写真です。

ここでも”ノロッコ号”があるのすが、こちらは、トラクター。ホームページの"ご案内"の所に"ご紹介"があります。
本当は歩いて回りたかったのですが、雨も降ってきたし、傘もなかったし、乗りました(オノボリさん)。

この後バスは、美瑛駅まで戻り、再び、別のバスでホテルまで。
今回は、このラベンダー号に大変お世話になりました。
ホテルまで乗ったまま。楽ちん。

着いたのは19:00頃。

・・・この後は、ニングルテラスに行き、夕食。


a0038827_236894.jpg【3日目】
帰る日。
空港へ行くバスの時間迄、富良野ロープウェーで山頂へ。山頂はひんやり。涼しいと言うより寒かった。。
時間があれば、軽いハイキング等もできるが、時間もないので滞在時間は約10分(笑)。
あっと言う間に下りて来て、おしまい。そして13:00発の便で帰京したのでありました。

****
思いの外、海外からのお客様が多くて、バス内電車内は、日本語、英語、広東語(多分)、韓国語、のアナウンスが。
実際その国々の皆さんが訪れており、日本にいるのかなんなのか、と思う事もしばしば。
東京でツアーガイドはやりたくないけど、富良野ならいいかも、と思った私。
いざとなったら(どういう"イザ"なのか、笑)、富良野へ移住して、バスガイドになろうっと、と半分本気で思いながら帰って来ました。。(でも英語だけでは無理かな...)
****
読み辛い文章を最後まで長々と読んで下さり、どうもありがとうございます。

一眼レフで撮った写真は、追々、、、勇気を出してQuatre saisonの方に載せて行くので、よろしければまた見てやってください。

a0038827_21302373.jpg
[PR]
by cuao | 2006-07-31 20:43 | travel
<< ~北の国から~ とりあえず一枚。 >>


~生きるとは、未来の予定をこなすこと、と勝手に自分だけの解釈をしているアラフィフ女の日常・非日常・その他いろいろゆるゆる日記~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
携帯からもご覧になれます
http://mblog.excite.co.jp/
user/cunlikeao/

****************
風景写真もゆるゆるに、。
Quatre saisons
****************
昔のblogはこちらに
彼女の生きる道
****************
管理人へのご連絡
****************
カテゴリ
以前の記事
タグ
(58)
(13)
(13)
(11)
(10)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
画像一覧